地域包括支援センター

地域包括支援センターは、地域にお住いの高齢者の皆様の相談窓口です。
様々な社会資源を総合的に利用しながら高齢者の皆様が住み慣れた地域でいつまでもその人らしい生き生きとした暮らしを続けていけるように、主任介護支援専門員、社会福祉士、保健師または看護師等といった専門性をもった職員が皆様の暮らしを支援していく、市原市から委託された機関です。

総合相談・支援

介護保険や介護予防サービスに関することだけでなく、福祉・保健・医療・生活などに関する様々な相談に応じ、地域における適切なサービス、関係機関および制度の利用につなげる等の支援を行っていきます。

介護予防マネジメント

今の健康状態を維持したい方や、身体の機能や体力に不安のある方、筋力の衰え、栄養状態の低下など生活機能の低下がみられる方々からの相談に応じ、適切な機関への紹介、または介護予防教室にお誘いする等して介護予防の取り組みの支援を行います。

権利擁護・虐待の早期発見・防止

高齢者の皆様が安心して暮らせるよう、消費者被害等の相談を受けるほか、成年後見制度の紹介や虐待事例の早期発見、対応を行います。

地域のケアマネージャーなどの支援

地域にお住いの高齢者の皆様がよりよいサービスが受けられるよう、高齢者を支える地域のケアマネージャー等の支援を行います。
また、高齢者の皆様にとって暮らしやすい地域にするため、様々な機関とのネットワーク作りに力を入れます。

指定介護予防支援

介護予防の対象となる人に対して、介護予防ケアプランの作成をします。
要介護(要支援)認定で要支援と認定された方の介護予防プランを作成し、介護予防サービスの利用支援を行います。